読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の北海道・富良野移住 ( Gufoの森)

富良野の雄大で美しい景色の中で始める動物達との新しい生活!

人との出会い② 北海道移住

少し間が空いてしまいました。

 

前回からの2週間位の間に、

 

Gufoの森

 

に行ってきました。

 

工事は遅れていますが、

 

建物内部の工事は少しづつ進んでいます。

 

そして、ついに薪ストーブが福島県から届きました。

f:id:GufonoMori:20160529034207j:plain

 

前日に福島から旭川の運送会社の基地まで運ばれてきて

 

翌日、自分が旭川に到着後、棟梁の又さんと

 

旭川の運送会社の基地からトラックで運んできました。

 

総重量が300㎏弱です。

 

これが、リビングに鎮座します。

 

今回は仮置きですが、一日も早く本来の場所に落ち着き

 

煙突が設置されることを楽しみにしています!!

 

 

さて、今回の富良野入りでは、「Gufoの森」の住民の仕事関連で

 

富良野エリアの地元企業家同友会の定例会に参加させて頂き、

 

「Gufoの森」の説明をさせて頂くと共に、住民の誘致の協力を依頼してきました。

 

 

以前、寺坂農園さん(メロン、アスパラ農家)や藤井牧場さんのお話しをしましたが、

 

富良野エリアの企業は、人手不足に悩んでいます。

 

理由は、地域人口の流出や高齢化などが主原因です。

 

あとは、主産業である農業が、年間を通すと仕事が夏場に偏り冬期が暇になってしまう

 

という問題があり、安定した収入を得にくいという面も一因と言えるかもしれません。

 

 

そこで、移住者をターゲットとした

 

「Gufoの森」の住民が、地元企業の従業員となる事で今後の人手不足の解消に

 

つなげられないかという面から、

 

私の様な移住者目線で、現在の富良野の問題点と解決策などを話させてもらいました。

 

 

その中で、同友会の事業者の方から、

 

移住者の働き方のニーズに対応出来る様に、

 

今までの決まった働き方だけでなく

 

時間、給与など、色々な選択肢を設ける必要性などの案が出ると共に

 

「Gufoの森」の部屋の利用も、一部屋を一人で借りると

 

割高であるけれども、二人以上であれば逆に割安になるので

 

富良野エリアの会社に勤める人が、シェアハウスの部屋を更に2人以上で

 

シェアをしたり、シェアハウスに常に求人広告を出しておいて、

 

住人は自分の都合に合わせて、日々、仕事を選んで働くなどの環境を作れば

 

移住者にとって、仕事で心配する事が無くなるのではないかといった案も出ました。

 

 

同友会の方々も、「Gufoの森」について真剣に考えて下さり、

 

移住者誘致に協力をして頂けそうです!!

 

 

そして、皆様との懇親会で、富良野で企業家同友会の会員として

 

わたしも加えて頂ける事になりました!

 

 

これで、わたしも富良野事業者として

 

人手不足の解消の為に、移住者を多く招き入れて

 

地域に貢献したいと思います。

 

 

 

富良野移住が気になっている方、

 

仕事は、あります。心配はしないで下さい!!

 

そして、移住者目線で造った「Gufoの森」に住めば、

 

富良野の環境を満喫できる住環境で生活が出来ます!!

 

そして、シェアハウスで色々な仲間と日々話をしながら

 

富良野生活を充実したものに出来ます!

 

 

まずは一歩踏み出してみましょう!!

 

試しに、1ヵ月、半年、1年、

 

旅行とは違う感覚で来てみて下さい。

 

気軽に来て頂けるように、準備をしておきます。

 

どうしても駄目であっても、シェアハウスですから元の自宅に気軽に帰る事は出来ま

 

す。

 

とりあえず、移住体験という形で来てみて下さい!!

 

f:id:GufonoMori:20160529043318j:plain