読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の北海道・富良野移住 ( Gufoの森)

富良野の雄大で美しい景色の中で始める動物達との新しい生活!

富良野移住を具体的に考えてみます③

前回に引き続き、Gufoの森に住む事をイメージして

 

自分ならどういう生活をするか考えてみました。

 

仕事に関しては、前回色々と書き込みました。

 

 

 

私は富良野移住では、サラリーマンというよりは

 

農業、もしくは自営業で

 

年金+α の収入を得ながら生活をする事を夢見ています。

 

農業といっても、自分の家族、親戚、友達などに

 

分けられる位の収穫を目指して、販売とかは考えていない

 

完全無農薬野菜を、敷地内農場で展開したいと考えています。

 

実は、私自身、義理の両親から、定期的に無農薬野菜を送ってもらっています。

 

完全無農薬の野菜です。

 

送ってもらっている野菜ですが、近隣のスーパーで売っている物と

 

ほとんど変わらない大きさや形のものが、年々増えてきています。

 

たまに家庭菜園で良くみられる形や大きさのものがありますが、

 

素人が作っているとは思えない素晴らし良い野菜を送ってもらっています。

 

収穫出来たら送って頂けるので、いつ来るかはわかりませんが、

 

季節に応じた野菜が、突然送られてくるので

 

非常に助かっています。

 

 

義理の両親の話から、かなり家庭菜園には力が入っている様で

 

夜に野菜についた虫を手でとりに行ったり、

 

自分で受粉作業をしたり、

 

一日も欠かさず、畑作業をしているようですが、

 

立派な作物が出来るという喜び、そしてそれを送った先で喜ばれる充実感からか

 

大変な作業ではあっても、やりがいはあるそうです。

 

そして、健康にもいい様です。

 

 

義理の両親の家は農家ではありません。

 

数年前までは、田舎町にある化粧品店でした。

 

今は閉店をして何もしていませんが、

 

年金と今までの貯蓄で

 

趣味のグランドゴルフと農作業で暮らしています。

 

この様な生活を

 

富良野では実践したいです。

f:id:GufonoMori:20160625224730j:plain

この写真は、雪解け直後の今年4月の写真です。

 

手前の敷地全てが畑予定地です。(もう少し左手にも広がっています)

 

広さは200~300坪弱位は畑として割り当てられると思います。

 

ここで1世帯当たり30坪程度の畑が最低でも出来ます。

 

全ての世帯の方が、農業をされるかは不明ですから

 

場合によっては、30坪以上の農園で農業を実施出来ます。

 

30坪というとかなり広いです。

 

夫婦2人で、手作業で家庭菜園をやるには広すぎる位ではないでしょうか。

 

当然、これは無農薬で販売を目的としていない、趣味の範囲での農業です。

 

農家として生計を立てる場合は、除外しています。

 

Gufoの森

 

に住んで、目の前の農園で必要な分だけを無農薬で栽培する。

 

この様な生活が、私がイメージしている生活です。

 

そして、隣接する小規模牧場エリアでは

 

ロバを飼育します。

 

ロバを飼育して何をするの?

 

と言われたら、それは自分の夢なので、癒してもらう目的で飼いたいとおもいます。

 

f:id:GufonoMori:20160204005831j:plain

 

この写真は、私が定宿としている中富良野のペンションのアイドル

 

ロバのレットちゃんです。

 

お世辞にも可愛くない、変な声で鳴きますが、

 

この子が近くにいるだけで癒されます。

 

こんな、小さな牧場に、私が今、横浜で飼っている

 

犬を一緒に放して遊ばせたいです。

 

犬とロバが仲良く共存してくれる事が前提ですが・・・。

 

 

f:id:GufonoMori:20160625231546j:plain

f:id:GufonoMori:20160625231616j:plain

 

牧場は上記の写真の、木と池があるエリアを中心として

 

古い家(現在はシェアハウスに建て替え)に至るまで、そして山が見える写真では

 

手前の土が見えているエリア

 

これらが200~300坪位のエリアが牧場として、

 

農園エリアと隣接する形で配置しています。

 

農作業の傍らで、この牧場の動物達とのんびりと周囲の景色を楽しむ・・・。

 

 

これが、夏の一番いい時期のメインの生活です。

 

 

 

週末や農業を休む日はどうするか・・・・。

 

 

それは、ここは日本でも有名な観光地、富良野です。

 

魅力的な観光地などは、いつでも行けるので

 

オシャレなカフェめぐりを最初はしながら、

 

行きつけのカフェを探します。

 

 

温泉は十勝岳温泉が、車で20分少々の場所ですので

 

気分転換に月に1回から2回ほど定期的に行きたいと思っています。

 

 

映画などを楽しむ時は、旭川か札幌に出ますが、

 

旭川であれば1時間、札幌であれば2時間から3時間

 

かけて車で移動する事になるでしょう。

 

 

ここで東京との大きな違いがあります。

 

車での移動で、1時間とか3時間というとかなりの距離になります。

 

北海道では・・・、です。

 

だから、都会から遠い田舎というイメージがより強く印象付けられます。

 

実際、Gufoの森のある上富良野から旭川まで45km位です。

 

この距離は、私が現在住んでいる横浜から、私の実家である埼玉県の富士見市

 

(埼玉県南部)とほぼ同じ距離です。

 

この距離を車で移動する場合、横浜から埼玉の富士見市まで、

 

時間帯によっては3時間、最短で1時間弱かかります。

 

Gufoの森から旭川なら、いつも1時間弱で移動できるでしょう。

 

 

何が言いたいかというと、

 

都会で3時間位普通にかけて移動しているのに、

 

北海道と言うだけで、3時間かけて移動するというと

 

とてつもなく遠い場所という錯覚に陥り、

 

富良野に住んだら、札幌なんて旅行に行くようなものであると

 

勘違いをしてしまう事があります。

 

それは全くの誤解です。

 

都会では3時間位、渋滞の中、平気に時間をかけて移動しているのです。

 

それが、日帰り観光であっても同じです。

 

東京から鎌倉や湘南エリアに車で移動する場合、

 

渋滞にはまれば、目的地まで3時間位は普通にかかります。

 

 

これだけ時間をかけて移動しているのですから、

 

Gufoの森から札幌に行くなんて事は

 

週末に少しお出かけをする程度の事なのです。

 

 

ですから、私も、映画を見たいとか

 

少し都会の雰囲気を味わいたいと思えば

 

車で週末に札幌に普通に出かけると思います。

 

Gufoの森

 

に住んでいるから、都会での生活とは無縁となり

 

都会の雰囲気を味わいたいと思っても簡単にはもう味わえない、

 

という感覚は全くの誤りである、

 

という事を、強調して今回は締めたいとおもいます。