読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の北海道・富良野移住 ( Gufoの森)

富良野の雄大で美しい景色の中で始める動物達との新しい生活!

移住者が作る移住者用シェアハウス

先日、台風9号を追いかける様に富良野に行ってきました!

 

関東地方を直撃した台風は、北海道に上陸し

 

北海道でも色々と災害を引き起こして去っていきました。

 

私が旭川空港に到着した23日、

 

台風は釧路あたりにいて、道東は大荒れだった様です。

 

旭川空港付近は、山に囲われているからなのか、

 

意外と風が弱く、無事に着陸。

 

空港からレンタカーで富良野に移動中、

 

全ての川が、増水して濁流となっていました。

 

今にも氾濫しそうな状況で、

 

抹茶色の濁流は、恐怖感を感じる程すごかったです。

 

富良野に入っても同様で、一部氾濫した箇所もあったらしく

 

通行止めとなっている道路が、結構ありました。

 

畑なども水没して、農作物には大被害が発生していました。

 

農家さんの知り合いもいますが、

 

都会にいると、「大変な事になっているなぁ・・」

 

という他人事の様に感じていた事が、

 

富良野移住を決め、

 

富良野に会社を設立した今の自分にとっては

 

今までに無い気持ちになりました。

 

農村地帯に移住するという事は

 

こういった自然災害に対するとらえ方も

 

都会にいた時とは変わったものとなり、

 

農業の大変さを、深く実感する事になると思います。

 

 

 

さて、

 

Gufoの森シェアハウス

 

で、今回発見がありました。

 

その一つは

 

Gufoの森から見る夜空は黒い!!!

 

という事です。黒いという事は、星が異常にたくさん見えるという事でもあります。

 

実は、駐車場エリアを照らす照明を設置したのですが、

 

その照明の効果を確認しようと思い、

 

夜にGufoの森を訪れてみました。

 

照明は昭和レトロをイメージして、木の電信柱に設置されていた様な

 

傘付きの照明を設置しました。

 

その雰囲気を確認したくて、行ってみたのですが

 

イメージ通りのいい雰囲気を醸し出していました。

 

そして、照明の光が届かない所まで進んで空を見ると

 

真っ黒の空に、満天の星空を見る事が出来ました。

 

都会では絶対に見る事が出来ない、真っ黒の空。

 

周囲の家が少ないので、町の明かりの影響を全く受けていないのです。

 

 

富良野の自分の終の棲家でも、見られるはずですが、気にしていませんでした。

 

月が出ていなかった事もあって、こんなに素晴らし星空は

 

時間が経つのも忘れて見入ってしまいます。

 

Gufoの森の住人となれば

 

もれなくついてきます。

 

 

 

もう一つの発見は

 

いまさらですが、

 

このGufoの森の建築に携わっている人は

 

ほとんどが移住者

 

でした。

 

棟梁を始め、弟子の大工さん、手伝ってくださった大工さん、

 

そして、このプロジェクトに興味を持って下さって

 

手伝ってくれている多くの方々が移住者です。

 

f:id:GufonoMori:20160826233220j:plain

f:id:GufonoMori:20160826233246j:plain

f:id:GufonoMori:20160826233315j:plain

f:id:GufonoMori:20160826233333j:plain

f:id:GufonoMori:20160826233436j:plain

一番最初と最後の写真の職人さんはプロですが、

 

他の方は、このGufoの森シェアハウスに興味を持ち、

 

棟梁の指導の下で、お手伝いをして下さっている方々です。

 

他にも何人も、手伝ってくださっています。

 

一般賃貸住宅と異なり、このシェアハウスは

 

本当に富良野を愛する様々な方々が

 

Gufoの森に共感を持ち、手伝ってくださいました。

 

 

従いまして、仕上がりは建売住宅とは一線を画して

 

手作り感満載です。

 

f:id:GufonoMori:20160826234224j:plain

f:id:GufonoMori:20160826234309j:plain

f:id:GufonoMori:20160826234526j:plain

f:id:GufonoMori:20160826234606j:plain

 

完成まであと一ヵ月です。

 

非常に楽しみです!!