読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の北海道・富良野移住 ( Gufoの森)

富良野の雄大で美しい景色の中で始める動物達との新しい生活!

富良野移住を具体的に考えてみます⑥

またまた、更新が滞ってしまいました。

 

その間に、猛暑が連日襲ってくる様になってきました。

 

横浜の自宅のウッドデッキでは

 

先日、ついに40度を記録しました。

 

Gufoの森

 

のシンボルであるフクロウ。

 

我が家の寅には、つらい時期です。

f:id:GufonoMori:20160813174524j:plain

常に風が吹いているのですが、

 

ここまで暑いと、夕方になるまでは涼しさはなかなか感じられません。

 

30度を下回ると、だいぶ涼しく感じますが、

 

ここまで下がるには、夕方になるまでは耐えなくてはなりません。

 

 

富良野でも、日中は35度近くまで連日気温が上がって入るようです。

 

湿度が低いといえども、流石に暑いです。

 

しかし、Gufoの森シェアハウスは

 

そんな昼間でも、1階は涼しいです。

 

冷房は不要であると感じています。

 

2階はまだ工事中で、壁に断熱材が完全に入っていなかったのですが、

 

それでも暑くは無く、風が吹いている時は気持ちい良い状況でした。

 

断熱にこだわった甲斐がありました。

f:id:GufonoMori:20160813175612j:plain

この断熱性能が冬でも十分に発揮する事を期待しています。

 

この夏の涼しさであれば、冷房はこの建物には必要ありません。

 

1階リビングと2階の中央ホールに設置していますが、

 

この冷房が活躍する事はないと感じています。

 

それと、このシェアハウスの照明は全てLEDを採用しています。

 

これらの点で、水道光熱費の電気料金はだいぶ削減されていると思います。

 

これからの冬の暖房費については

 

今年の様子を見ないとわかりませんが、

 

基本的な暖房は灯油です。

 

補助暖房の位置付けで、あの薪ストーブがあります。

f:id:GufonoMori:20160529034207j:plain

 

これと、高断熱仕様の建物でどれだけ暖房費が抑えられるか・・・・。

 

この冬、検証します。

 

目標は1ヵ月の灯油代が1人当たり5000円以内で抑えられれば、

 

冬の暖房費がかかるというイメージを払拭できるのではないでしょうか?

 

夏の冷房が不要、建物の照明がLEDで電気代が抑えられている事を考慮すると

 

年間の水道光熱費、暖房費は、本州から移住される方にとっても

 

削減されると考えています。

 

Gufoの森

 

の公共料金、暖房費は実費精算です。

 

入居者の人数で案分します。

 

家賃を支払う時に、一度前払いという形で集金しますが、

 

水道、電気、ガス、灯油の請求書を提示の上、案分し、精算をしますので、

 

前払いで多く支払っている分は、返金する事になります。

 

 

 

 

シェアハウスという形は、まだまだ慣れ親しんでいない形だと思います。

 

しかし、従来型の賃貸住宅よりも、

 

個室以外を広く、そして魅力的に造る事が出来ます。

 

同じ仕様の家を、従来型賃貸住宅で実現しようとすると

 

家賃がとんでもなく高額となり、現実的ではありません。

 

ところが、シェアハウスではそれが実現可能となります。

 

それに、孤独を好む人には向きませんが、

 

常に家に仲間がいる為、何かあっても安心です。

 

1人でゆっくりとしたければ、

 

10畳ちかい広さの個室に戻ればそれは叶えられます。

 

この広さであれば、ビジネスホテルのシングルルーム以上はあると思います。

 

 

 

これからは、こんな家が一つの理想形として考えてもいいと思います。

 

Gufoの森

 

これをこれからの棲家として、検討してみてはいかがでしょうか?

 

間もなく完成します!!

 

仲間をお待ちしています!!!

 

申込先は

 

Gufoの森ホームページ(http://www.gufofurano.com/)

 

Gufoの森〜ペット共生、農園付多世代型シェアハウス〜

 

にあります。

 

 

夢の富良野ライフを送りましょう!!

 

f:id:GufonoMori:20160813183541j:plain

f:id:GufonoMori:20160813183943j:plain