読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の北海道・富良野移住 ( Gufoの森)

富良野の雄大で美しい景色の中で始める動物達との新しい生活!

富良野移住を具体的に考えてみます④

さて、そろそろ冬に向けて話を進めたいと思います。

 

お盆を過ぎると、ホームセンターでは

 

除雪車やストーブの展示が始まります。

 

横浜にいると信じられませんが、

 

8月も下旬になると

 

夜はやはり涼しいというより

 

少し肌寒い感じの日が増えてきます。

 

9月ともなれば、秋と言って良い位です。

 

流石に紅葉は早いかもしれませんが・・・

 

明らかに、残暑が厳しい横浜とは違います。

 

f:id:GufonoMori:20160130140949j:plain

 

上の写真は、大雪山の10月初旬の写真です。

 

山の上は冬になっています。

 

10月に入ると、夜はストーブが必要な日が多くなります。

 

いよいよ、魅力的な冬の到来を実感する事になります。

 

ストーブの作動確認や灯油タンク内の灯油補給にも

 

気を付けておく時期です。

 

観光地を含めて、町も、

 

お盆までの旅行客も減り、静かでのんびりとした

 

空気が満ちてきます。

 

昨年、私が中富良野の自宅にいた時は、

 

夜に薪ストーブを焚いた事もありました。

f:id:GufonoMori:20160703001117j:plain

 

この頃になると、農業関係は仕事納めに入るのでしょうか?

 

詳細は私にはわかりませんが、

 

ファーム富田の社員寮が閉まる時期だったと思います。

 

ペンション関係の方も、年内の営業をそろそろ終えて、

 

のんびりと夏の稼ぎで暮らす、

 

もしくは、冬の間は町、スキー場などで

 

アルバイト、パートに切り替えるのではないでしょうか。

 

わたしの場合は、冬はスキーを満喫したいので

 

仕事はしないで過ごせるように

 

夏しっかりと働きたいと思っています。

 

雪が降ってきたら、除雪もしなくてはなりません。

 

除雪は除雪機を使うつもりです。

 

手作業での雪かきは、年齢的に厳しいと思うので

 

機械にお任せします。

 

除雪機の操縦はとても楽しそうですから

 

雪かきは楽しみながらやりたいと思っています。