読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の北海道・富良野移住 ( Gufoの森)

富良野の雄大で美しい景色の中で始める動物達との新しい生活!

富良野移住を具体的に考えてみます②

先日(17日)に、Gufoの森の工事関係の打ち合わせで

 

富良野に行ってきました。

  

17日、関東では30度を超える夏日でしたが、

 

旭川空港に向けて羽田を夕方出発し、19時頃に旭川空港に着陸した時

 

外は14度で小雨という天気でした。

 

涼しいというよりも、少し肌寒い感じでした。

 

この時期、晴れた昼間などは比較的暖かくなりますが、

 

夕方以降や、天気が悪い日は気温が低く

 

軽く暖房を入れるケースもあるそうです。

 

今回、旭川空港から富良野まで車で移動しましたが、

 

エアコンを25度設定で入れたら、暖かい空気が出てきました。

 

そして、それが丁度いい感じに思える位の気温でした。

 

 

さて雪解け以降、農家さんは忙しく畑、田んぼの作業に追われていますが、

 

Gufoの森を囲む田んぼには、苗が植え付けらていました。

 

f:id:GufonoMori:20160620135440j:plain

静かにしていると、水路を流れる水の音や、カエルの鳴き声などが

 

心地よく聞こえてきます。

 

麦畑と思いますが、その様な畑も所々に見受けられ

 

青々とした麦畑が広がっていました。

 

今回はきれいな花畑は見られませんでしたが、

 

黄色や白い花々が、雑草地ではきれいに咲いていました。

 

馬がいる牧場をドライブ中に見つけましたが、

 

鳥のさえずりと、時々聞こえるトラクターらしき音以外に聞こえない中で

 

馬を見ていると、いつまでも車を停めてボーっとしていたくなります。 

 

そこで、Gufoの森にはミニ牧場を作ります。

 

敷地の真ん中に池があるので、そこを水飲み場とした牧場をつくります。

f:id:GufonoMori:20160620142946j:plain

 

そして、これからは富良野エリアでは色々とイベントがあります。

 

7月16日 中富良野ラベンダー祭り

7月17日 上富良野花と炎の四季彩祭り

7月28日、29日 富良野へそ祭り

8月13日 富良野花火大会

 

へそ祭りはわかりませんが、他の祭りは全て打ち上げ花火があります。

 

上富良野から富良野まで、

 

名前は違いますが、同じエリアで

 

見渡すことが出来ます。

 

このエリアで花火大会が次々と催されます。

 

Gufoの森の周りは、田んぼですから、360度遠方まで見渡せます。

 

一応すべての花火大会を見る事が出来ると思います。

 

臨場感を求めるなら、会場まで車で10分もあればどこでもいけます。

 

f:id:GufonoMori:20160620145916j:plain

 

色々と書き込みましたが、この時期の富良野は本当に生き生きとした時期となります。

 

移住者希望者にとって、移住先に抱く夢は様々と思いますが、

 

私にとっては、自然を満喫し、農業を楽しみながら、時間に追われない生活を

 

動物と一緒にする事です。

 

この様な生活は、間違いなく富良野では実現可能です。

 

 

ただ、移住に一歩前進できない方の理由の一つとして

 

生活費をどう稼ぐか、という事があると思います。

 

 

私自身については、以前このブログに書きました。

 

しかし、その様な準備が出来ていない方はどうするか・・・。

 

 

田舎では仕事が無い、と思い込んでいないでしょうか?

 

それは大きな間違いです。

 

富良野では人手不足が深刻な問題となっています。

 

つまり、仕事はあるのです。

 

都会にいるから、仕事はよりどりみどり、

 

どんな仕事にもつけ、給料もたくさんもらえると思ったら、それは間違いです。

 

新卒大学生であっても、都会で希望の仕事に就くことは

 

非常にハードルが高いものです。

 

 

移住者、特に現役世代といわれる時代を終え、セカンドライフに入る世代は

 

会社や子供達の為に尽くしてきた人生を

 

自分の幸せの為に送る人生に切り替えると考えるのであれば、

 

探す仕事も、固定観念に縛られず、

 

そして、自分の特技に固執する事無く、

 

色々なものにチャレンジしてみればいいのではないでしょうか?

 

 

それは、社長として起業をしてもいいし、

 

アルバイトやパートなどで、暇な時に、自分のペースに合わせて働く仕事

 

を探せばいいのです。

 

人手不足で悩んでいるというのですから、売り手市場です。

 

自分から門戸を狭めなければ、仕事が無いという事はありません。

 

賃金も、東京と比べて大きく違うかというと

 

最低賃金は決められているので、それほど大きな違いはありません。

 

むしろ、都会の方が物価が全体的に高い分、可処分所得としてみれば

 

都会と田舎の差は、想像以上に大きい事は無いと思います。

 

おまけに、子供たちにかかる費用が軽くなった世代にとっては

 

なおさらではないでしょうか?

 

 

移住をするという事は、移住先の土地に魅力を感じるからだと思います。

 

そこが、都会であろうと田舎であろうと

 

住む場所を変えるのであれば、今までの生活で培ってきた固定観念

 

一度リセットして、一歩進む事が大変重要です。

 

一歩進めば、そこには新たな世界が広がり、

 

その舞台が、自分が魅力を感じている土地であれば

 

なおさら充実した生活が送れるはずです。

 

一歩前に進む事が重要だと思います。

 

 

 

Gufoの森

 

がある富良野では、仕事はあります。

 

農業、酪農といった田舎暮らしならではの仕事から、

 

起業をするのであれば、観光を中心とした仕事などが代表的でしょう。

 

冬になれば、スキーを中心としたウインタースポーツも盛んなエリアです。

 

それに携わる仕事もあります。

 

公務員や上場企業の様な、安定した高収入の仕事は難しいかもしれません。

 

しかし、これは田舎に限らず都会にいても同じことです。

 

富良野ならではの仕事、働き方を考えると

 

仕事はたくさんあります。

 

Gufoの森

 

では、その様な方をサポートしていきたいと思います。

 

人手不足に悩む富良野の為にも、

 

移住者を多く招き、

 

移住を通して、今までと違った働き方、生き方を探し、

 

充実した新天地での人生を送る場所として

 

移住者である私と共に、みんなで発展出来ればと考えています。

f:id:GufonoMori:20160514230447j:plain

 

ちなみに、Gufoの森には

 

大きな納屋と小さな納屋があります。

 

利用目的としては、馬小屋と、店舗利用などで今後考えています。

 

田舎でしかできない様な店舗、写真家のギャラリー、工房等

 

何か考えている方、

 

一度相談して下さい。

 

それで富良野移住が踏み出せ、

 

Gufoの森と富良野エリアの活性化につながるのであれば

 

一緒に協力していきたいと思います。

 

 

富良野を愛して止まない方

 

Gufoの森

 

を最初の一歩として利用して下さい!!