読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の北海道・富良野移住 ( Gufoの森)

富良野の雄大で美しい景色の中で始める動物達との新しい生活!

Gufoの森、そこで何をしたい・・・ ①  北海道移住

 

前回、Gufoの森の為の場所探しについて書きました。

 

場所が決まったら次は建物です。

 

 

土地を購入する前、そして購入後、

 

何度もその場所を訪れて、

 

敷地内の母屋、納屋に入ったり、

 

敷地内の至る場所を歩き回って

 

景色の確認をしました。

 

 

部屋からの景色、

 

庭からの景色、

 

そして納屋を店舗もしくは住居棟に改築した場合、

 

その部屋からの景色、

 

 

ともかく景色を楽しめる住居にしたいので

 

何度も何度も現地で、

 

これから建てる建物からの景色をイメージすると同時に

 

どんな間取りにするべきかを検討しました。

 

 

今回の建物のテーマは

 

部屋から景色を楽しめる事!

 

これを最優先に、部屋の配置や窓の位置、大きさを考えました。

 

Gufoの森は

 

東側に美瑛岳富良野岳を始めとした雄大な山々

 

南側には田園地帯越しに、富良野スキー場や芦別

 

西側も田園地帯越しに、中富良野エリア

 

北側は田園地帯越しに、上富良野エリア

 

が広がります。

 

360度遮るものがないので、夏には

 

富良野、中富良野上富良野の3か所の花火大会が

 

Gufoの森から見る事が出来る事がわかりました。

 

これは意外と嬉しい情報でした。

 

 

打ち上げ花火といっても、東京湾や横浜の打ち上げ花火の様な

 

大規模なものではありません。

 

また、Gufoの森からだと少し距離がある所からの打ち上げ花火になりますが、

 

十分堪能できると思います。

 

 

これだけでも、都会の住宅密集地では考えられない事ですよね。

 

 

あとは、

 

 

家には絶対に薪ストーブを置きたい!!

 

 

そう思いました。

 

実体験から、薪ストーブで薪を焚いていると

 

時間が経つのを忘れてしまいます。

 

それに薪ストーブの温もりは、エアコンでは体感できません。

 

これさえあれば、

 

氷点下26度(今年の冬の最低気温)であっても

 

寒くないどころか、

 

そんな冬が楽しくなると思います。

 

 

それを形にしたのが、

f:id:GufonoMori:20160212223914j:plain

f:id:GufonoMori:20160212223948j:plain

 

です。